精力剤の効果ランキング

精力剤の効果をランキング形式で公開しています。強精剤/強壮剤/ED治療薬/漢方精力剤/増大系精力剤

*

ペニス増大の基礎知識

   

ペニス増大の基本解説

ペニス増大程、真偽の判別がつかない情報が錯綜しているものはありません。ペニスの増大という一種の“タブー”とされていた事柄だけに、情報が独り歩きしてしまった感があります。そこでペニス増大に関する基本的な考え方と情報を整理していきたいと思います。 1.ペニスの平均サイズとは 2.ペニスの正しい測り方 3.女性から見たペニス増大 4.ペニス増大法3種 5.ペニス増大製品の真偽 6.失敗しないペニス増大サプリの選び方

増大のメカニズム

医学的にペニス増大は可能なのでしょうか?あるいは都市伝説や男性の願望なのでしょうか?答えは「YES。十分に可能」。確かに多くの偽製品が氾濫し、また時間や労力を要するなど、取り組んでいる方の95%以上が増大に成功していないのは事実です。しかしながら、その一方で“本物”の効果のある増大製品や増大法を実践された方が、ペニスの増大に成功しているのも事実です。ここでは、医学的にも根拠のあるペニス増大法のメカニズムについて解説します。 1.ペニス増大の基本メカニズムとは 2.増大サプリのメカニズム前編 3.増大サプリのメカニズム後編

増大サプリの成分

現在、日本国内で入手可能な増大サプリは400種類以上あります。そしてその増大サプリに配合されている成分も多岐にわたり200種類を超えます。その中でも、実際に増大効果が実証されてるもの、人気のあるものなどをランキング形式解説していきます。 増大サプリ成分の効果ランキング 1.シトルリン 2.アルギニン 3.菟絲子 4.カツアバ 5.ハマビシ 6.ムイラプアマ

増大器具の説明

増大器具とは、増大サプリとは異なり外部からの機械的な力によりペニスの増大を実現する器具です。海外の増大器具の中には医療認可を取得した医療器具として認められたものもあります。アンドロメディカル社が製造販売するアンドロペニスが非常に有名です。 1.増大器具説明 2.真空式増大器具 3.牽引式増大器具

増大手術の説明

増大手術とは外科的な治療によってペニスの増大を実現する医療行為です。入院を要するような本格的な外科手術から、注射を打つだけの簡易なものまで様々な手術法が開発されています。このようなペニス増大手術に関する基本情報や種類、それぞれのメリット、デメリットなどペニス増大手術に関する全般的な情報を掲載しています。 1.ペニス増大手術の種類 a.埋没陰茎長茎手術 b.脂肪吸引式長茎手術 c.亀頭増大手術 2.増大手術がバレないか心配 3.ペニス増大手術の失敗 4.ペニス増大手術の痛み 6.増大手術の費用に関して

 ペニス増大は可能なのか

ペニスの増大に興味を持つのは、男性として当たり前のことです。

皆さんは自分のペニスの長さを計測したことありますか? “私は当然、あります” そして驚くことに、世界中の98%を超える男性が、 一度は自分のペニスの長さを計測したことがあるといいます。

日本では、まだまだマイナーなペニス増大

ペニス(陰茎)の増大が“恥ずかしいこと”と捉えられている現在の風潮の一因は、私自身を含めた医学界の封建的な体質があることは否定できません。多くの医療関係者がペニス(陰茎)の増大に対し否定的な考えをもっています。私の取り組みに対しても多くの批判が寄せられています。

欧米では、ペニス増大は一般的な処置

一方、欧米諸国などでは、ペニス(陰茎)の増大は、日本医比較するとオープンなテーマとなっています。実際、欧米の多くの製薬会社、大学の研究所などがペニス増大をテーマとし研究開発に取り組んでいます。有名なアンドロペニスを開発発売しているのはスペインの製薬メーカーですし、また同製品は医療器具認可を取得しています。一般的に医療器具の認可を取得するためには非常に厳格なエビデンス(効果を証明する研究データ)が必要とされています。これはEUでも同様であり、そういう意味では、医療器具として販売されているアンドロペニスはしっかりとした裏付けデータがあるということになります。日本ではどうでしょうか?結論からいえば日本でアンドロペニスのような増大器具が医療器具として認可されることはありえません。なぜなら、医療器具の認可を司る厚生労働省の立場として、ペニス(陰茎)を増大することを医療と認めていないからです。残念ながら、日本の医療はペニス増大という、日本でも10万人以上が悩んでいるとされるテーマに関して、前向きに取り組んでいく立場にはないようです。 多くの医者が成人のペニスは、勃起時に6cmあれば性交に支障がないと言います。 確かに、挿入して精子を子宮口まで送り込み着床させるという意味では支障がないかもしれません。 しかし、 はたして、勃起して6cmのペニスで自信をもって性交できるのでしょうか?

ペニスは重要なコミュニケーションツール

成人にとってセックスとは異性とのコミュニケーションです。一緒に、会話したり、食事をしたり、映画を見たりするように、セックスを通じてお互いの愛情を確認します。 そして、ここで大きな意味を持つのが、“充分な大きさを持ったペニス”です。他人より大きくある必要はありません。本人が自信をもってセックスができる大きささえあれば“十分”なのです。 多くの女性が容姿やプロポーションを気にするのと同様に、男性もペニスの大きさを異性に対するアピールの一要素と考えています。ペニスのサイズにコンプレックスを感じたことがないひとには理解しがたいかもしれませんが、他人より小さいかもしれないという意識は、異性とのコミュニケーションを疎遠にさせる十分な原因ともなり得ます。。 日本の医学界がペニス増大を医療テーマとして捉えない結果、巷では、効果のない増大器具や増大サプリ、増大法などが都市伝説のような増大法が氾濫しています。当サイトでの情報提供を通じて、ペニスのサイズに悩む男性のお役にたてることを願っています。

まず知っておくべきは、“ペニス増大は可能”という事実

ペニスに対するコンプレックスによる自信喪失

ペニスのサイズに悩む男性の8割が、“男としての自信をもてない”と感じています。 逆に、大きいほど男としての自信が持てますし、異性を誘引する能力も高いようです。 これはペニスの大きさが意味することを考えれば明白です。 人間を含めたすべての動物には“子孫を作る”という絶対的な本能があります。 だから、男性は、女性の出産の象徴であるバストの大きい女性に惹かれ、 女性はペニスの大きい男性に惹かれるわけで、動物学的には、納得のできる話です。 しかし、実際の社会では種の繁栄以外の快楽としてのSEXという側面も非常に重要です。そしてこの場合、ペニスの大きさは非常に大きな意味を持ちます。 あらゆる統計データからも判明していることのひとつに、女性が一番感じやすい膣の部分は「16~17センチ」というデータがあります。 しかし、日本人の平均ペニスサイズは12~13センチ。 つまり、女性が求める理想と男性の抱える現実には約5センチもの差が生じているのです。 そして、その5センチに男性は焦りと女性は物足りなさを感じています。

ペニスが増大すると自信が復活

“ペニス増大”とは、このプライドを補う最善の方法なのです 市場には数多くのペニス増大サプリメントが出回っています。 数年前までは大半が効果のない偽物ばかりでしたが、最近、販売されているものは医学的にしっかりと効果が立証されたものばかりで含有成分も確実に効果が出るようなものが厳選して選ばれています。 そして、それら精力剤を飲んだ人からペニスの長さ・太さ・硬さすべてが向上したという証言が次々となされています。 当サイトでは数あるペニス増大サプリの中からさらに選ばれたものを紹介するとともに、ペニス増大法に関する役立つ知識を掲載しています。 ペニスの大きさに悩んでいる人のサイズアップの手助けをすることが当サイトの目的です。

ペニス増大の基本は正常な勃起

ペニス増大のしくみとは、言い方を変えれば、勃起を改善してペニスを増大させるしくみとも言えます。 男性は脳が性的な興奮状態になると、中枢神経を通じて体内で一酸化窒素を生成するように指令を出します。 体内の一酸化窒素レベルが上昇すると、ペニスを構成する筋肉のひとつである平滑筋が弛緩され外部から大量の血液が流れ込んできます。 ペニス内部に流入した血液は、ペニスの内部の海綿体と呼ばれる部位に吸収されます。 すると血液を吸収した海綿体は、膨張し体積が増えます。 これが勃起です。 簡単な言葉に置き換えると、『ペニスには平滑筋という扉があり日頃はカギが掛かっているが、脳が性的に興奮すると、この扉のカギが壊れてしまい、血液がどんどん流れ込んでしまう』というところです。 『勃起が不十分』『勃起してもサイズ不足』『硬さが足りない中折れしてしまう』などの症状は、上記のプロセスのどこかしらに不具合が生じ、本来、流入するはずの血液が、ペニスに流れ込んでいないことによるものです。 最大勃起を繰り返すと、ペニスは増大する では、勃起と増大はどのように関連があるのでしょうか?ペニス内部の海綿体が十分な血液量を吸収し、パンパンに膨張した最大限の勃起を繰り返していると、人体はこのパンパンに膨張した状態に適応しようという作用が発生します。簡単な言葉にいいかえれば、『こんなに血液が送り込まれるんじゃ、入れ物(ペニス)の容量を大きくしたほうがいいな〜』というところでしょうか。ご存知のように、人間の器官には、使用するとさらに発達し、使わないと退化してくというメカニズムを有しています。 実はペニスも同様に、十分量の血液が、一定以上の頻度で流れ込んでいれば(10代ころが、まさにこの状態ですね)ペニスは発達し、 逆に、必要量の血液が流入しなかったり、流入してもその頻度が足りなかった場合は、退化=サイズダウン(萎縮)してしまいます。ペニス増大法とは、このメカニズムを利用した方法です。 古来より、世界各地で様々な方法が実践されていますが、すべて共通しているのは、最大限の勃起を促進させ、膨張した状態を維持するという2つのプロセスです。 この2つのプロセスによって、ペニスの細胞が活性化し、組織細胞が増殖・増大します。 これこそが、ペニス増大のメカニズムです。つまり、ペニスを増大させるなら、血流をスムーズにし、最大の勃起を繰り返して、ペニスそのものを鍛え上げることが必要と言えるでしょう。

ペニス増大への2つアプローチ

前述したように、ペニスの増大には正常な勃起が不可欠ですが、正常な勃起を実現するためには2つのアプローチが不可欠です。 1.脳を興奮させて、勃起を促す 2.十分な血液量を海綿体に吸収させる 個人差があるので一概には言えませんが、ペニス増大を希望される方の大半は、2の十分な血液量を確保するというプロセスが不十分な方が多いようです。 そこで必要になるのが、ペニス増大を実現するために必要となるのが、 十分な性的興奮が生じる強精成分と 十分な血流を確保するための血流改善成分です。 強精成分とは、文字通り男性の精力を強化する成分です。 古来から世界中で様々な成分に強精効果があるとされ珍重されてきました。 有名なところでは、マカ、朝鮮人参などの植物、あるいはシカの角やオットセイの睾丸などの動物の精力成分、また日本では、スッポンやマムシ、ニンニクなどが強精効果の強い成分として知られています。 これらの強精成分が人体に作用するメカニズムはそれぞれですが、共通しているのは、催淫、興奮効果が強く、脳の興奮を促すというものです。 次に血流改善成分ですが、有名なところではL-シトルリンが現在、一番注目されている成分です。 L-シトルリンとは数年前まで医薬品指定されていた成分ですが、2005年に厚生労働省により健康食品への配合が認可され普及しました。この成分の最大の効果は血液の流れを活性化させることです。 非常に効果の期待できる成分ではありますが、ひとつ注意が必要なのが配合量。 残念ながら、国内製造のサプリメントで増大効果を期待できるレベルのシトルリンを配合しているのは数種類かありません。

≪口コミ評価≫

投稿する


Submit your review
* Required Field

 - 増大サプリ資料

  関連記事

亀頭増大法とは?

ペニス増大手術_亀頭増大法とは、亀頭部に注射により薬剤を注入し増大する手術法です …

ペニス増大サプリのメカニズム(後編)

ペニス増大を実現するためには、そのメカニズムを把握することも重要です 前述しま …

増大サプリ【プライムモンスター】

皆様はプライムモンスターというサプリメントをご存知でしょうか? プライムモンスタ …

ペニス増大手術は痛くないの?

ペニス増大手術は、麻酔を使用するので痛くありません ペニス増大手術をする上で気に …

ギガン_増大

増大マッサージ

増大マッサージはペニス増大法の中で一番手軽な増大法 ペニス増大マッサージは、臨床 …

失敗しない増大サプリの選び方

失敗しない増大サプリの選び方 巷にはペニス増大を標榜する製品が星の数ほど存在しま …

真空式増大器具【基本情報】

また、次に紹介するのが水を利用した真空式増大器具になります。商品名は、水圧式ペニ …

ブレーザαは効果があるのか?

最近、ブレーザーαという増大サプリが話題になっているようなので検証した。 以下は …

脂肪吸引式長茎手術とは?

ペニス増大法_脂肪吸引式長茎手術とは、下腹部の脂肪を取り除いてペニスを増大する手 …

ペニス(陰茎)増大は本当に可能なのか?

ペニスの増大に興味を持つのは、男性として当たり前のことです。 皆さんは自分のペニ …