精力剤の効果ランキング

精力剤の効果をランキング形式で公開しています。強精剤/強壮剤/ED治療薬/漢方精力剤/増大系精力剤

*

カベルタ(caverta)追加情報

      2016/06/19

カベルタは、シルデナフィルを含有している、バイアグラのジェネリックタイプの精力剤です。

精力剤口コミwiki:カベルタ(caverta)

カベルタはインドの製薬会社、ランバクシー・ラボラトリーズ社が製造販売するバイアグラ・ジェネリックです。
インド製バイアグラジェネリックの中でも特に評判が高い商品の一つで、ランキングサイトの上位に入っています。

ランバクシー社はインド最大手の製薬会社の一つで、世界で10位に入る巨大メーカー。インドは途上国でありながら製薬技術が高い傾向がありますが、特に大手製薬会社は実績が豊富で、より安心して服用できます。
もっとも、ランバクシー社はあまり誇れない経歴もあるのですが…。

ここではランバクシー・ラボラトリーズ社について、カベルタの製品レビュー、服用してはいけないケースなどをご紹介します。

>>カベルタに関する基本情報

>>カベルタに関する詳細情報

ランバクシー社とは

ランバクシー・ラボラトリーズ社は北インドのハリヤーナー州グルガーオンにあります。
グルガーオンは首都デリーの近郊で、日本でいえば神奈川県に相当する地域です。
紀元前2600年ごろにインダス文明が興った地域で、リグ・ヴェーダ賛歌などが作られたことでも有名です。もとはパンジャーブ州の一部でしたが、1966年に分離しました。

ランバクシー社はまだパンジャーブ州だった時代の1961年に創業した老舗製薬会社。
日本と関わりが深い会社で、経営母体は1937年にシオノギ製薬の販売代理店から始まりました。さらに2008年に第一三共が63.4%の株を所得し、日本との関係を深めます。第一三共はこの買収で、ジェネリック医薬品市場の足がかりにするつもりでした。

しかし、買収直後から大きな問題が噴出します。買収前からアメリカ食品医薬品局(FDA)から度々ランバクシーの工場の衛生状態が良くないと指摘されていましたが、買収直後にアメリカへの輸出が止められてしまいました。
第一三共の目論見は外れ、USAという大きな市場を失うことになりました。
一度はFDAと和解したものの、再び問題が発覚し2013年より再び対米輸出禁止の憂き目に遭っています。衛生状態に加え、試験結果の改ざんまで発覚したため、2014年にはさらに厳しい処置が下されました。

某自動車会社のような不祥事が続き、第一三共はランバクシーをサン・ファーマに吸収合併してしまいました。
これにより、サン・ファーマーは世界5位のジェネリック医薬品会社に成長、インド市場では最大の会社になりました。
現在ランバクシー社はサン・ファーマーの子会社として運営しています。そのため製薬はすべてサン・ファーマー社で行われています。
一連の事件は日本の経済ニュースでも報じられていたので、覚えている人もいるかもしれません。海外の会社と提携するリスクを、これほど分かりやすく示した例はないでしょう。

カベルタの効能は?

物騒な経歴がある会社ですが、さすがに吸収合併させられるほどの懲罰と改善を加えられたのもあってか、カベルタの評判はおおむね好評です。
個人差はありますが、「バイアグラジェネリックの中ではこれが一番」と絶賛する声も。
個人差やその時の体調にもよりますが、インド製バイアグラジェネリックを選ぶ際には選択の一つに加えても良いと思います。

バイアグラの主成分、シルデナフィル錠剤は空腹時でなければ体内に吸収できません。食事を食べるとその脂肪分が胃腸の壁に張り付き、吸収を阻害するからです。
必ず空腹時に服用しましょう。水分は酒も含めて飲んでも問題ありませんが、酒に弱い人は控えましょう。カルーアミルクやミルクティーのように、脂質を含んだものは止めましょう。
カベルタもシルデナフィル製剤なので、必ず空腹時に服用しましょう。早い人なら、服用して30分ほどで効果が現れ、7時間ほど作用が続きます。

カベルタは1錠100mgのため、標準的な日本人体型の方は必ず半分に割って服用しましょう。(日本で処方されるバイアグラは50mgが上限)
100mgは欧米人のように体が大きな人向けです。

服用できないケースは?

絶対に服用できないケースは、ニトログリセリンなどの硝酸剤を服用している人です。爆薬の原料として非常に有名なニトログリセリンは心臓病の治療にも使われますが、シルデナフィルと合わさると血圧が異常に下がり、死亡することがあります。
まだ日本でバイアグラが認可されていない時代、個人輸入した人が次々に事故死して大きな問題になりました。原因は硝酸剤との併用でした。

ほかにも不整脈の治療に使われる「アンカロン錠」「アミオダロン塩酸塩錠」を服用している人も禁忌です。
循環器系の病気はもちろん、極度の低血圧や高血圧の人も服用できません。
進行性の夜盲病、網膜色質変性症や重度の肝臓疾患の人も禁忌です。

個人輸入で購入した薬で事故を起こしても、自己責任。これらの症状がある人は絶対に個人輸入は止めましょう。
これらのケースでも中には処方できることもありますが、それは医師が管理した上での話。安易な自己判断は命を危険に晒すことを肝に銘じ、サプリメント系の安全な精力剤を選びましょう。

ボタン小

≪口コミ評価≫

投稿する


Submit your review
* Required Field

 - 製品詳細情報

  関連記事

シトルリンDXドリンク追加情報

シトルリンDXドリンクは、最高水準のシトルリン配合量を実現したドリンクタイプの精 …

効果のある精力剤_シラグラ

シラグラ詳細情報

シラグラはインドのシプラ社が製造する、バイアグラのジェネリック医薬品です。 世間 …

精力剤ランキング_シトルリンDX

シトルリンDX詳細情報

シトルリンDXとは2015年にシトルリン精力剤として最も販売された精力剤です。 …

精力剤の口コミwiki:絶倫粉粒

絶倫粉粒 詳細情報

絶倫粉粒は、赤ひげ薬局が販売する漢方系精力剤です。 伝統的な動物性漢方生薬に加え …

効果のある精力剤_シトルリン革命王

シトルリン革命王詳細情報

シトルリン革命王は、血流増大成分シトルリンを主成分にした精力剤です。 シトルリン …

スーパービール酵母解説

スーパービール酵母Zは、アサヒビールが販売するビール酵母を主原料とする精力剤的な …

スタンドアップ_精力剤

スタンドアップ解説

スタンドアップは、精力増強用として最近注目されている精力剤です。   …

ペニソール詳細情報

ペニソールはインドの伝統医学、アーユルヴェーダをもとに開発された天然成分100% …

精力剤_サビトラマックス

サビトラマックス詳細情報

サビトラマックスは、ED改善薬バルデナフィルと、PE(早漏)改善にも用いられるダ …

巨人倍増

巨人倍増の詳細情報

巨人倍増は中国で大人気の精力剤(増大サプリ) 巨人倍増は、中国の増大系サプリメン …